外伝17-062 県西のソリスト四声なき風に/昭徳街目指す

~~~~~(m–)m~~~~~(m–)m~~~~~(m–)m本編の行程:Googleマップ(経路)~~~~~(m–)m~~~~~(m–)m~~~~~(m–)m

北関街で深夜の食堂

▲北大街の果てを目指し坂を昇る。

年橋の北のたもとからそのまま北関街へ北行。
 少し登り坂。堤防後だろうか。
 この道も…短いけれど凄い道です。陰気と言えばそうなんだけど,重力が重くなるほどの年代感。

▲北大街をもう一枚

最高の雰囲気なのに…こーゆーのがあると一気に盛り下がる。「深夜の食堂」──確かにそういう風情だけど。
 0857,三合東街に出た。
 まだ小雨なれど傘は収める。距離を稼ごう!右折東行,塔の方向へ。

▲「深夜の食堂」?ちなみに「吧」は「バー」です。

青州宋城より南へ反転急行

▲三合東街

合東街はなかなかいい。力みのない普通の下町,という感じ。
 0900,泰老三豆腐脳…に惹かれるけどそんな時間ねえよ!右折南行。前方に塔が迫る。

▲塔を見上げる!

903。「青州宋城」と表示のある塔でした。階層は七重。──ただ,実感としても後の調べでも,ここはまさに観光街,というかライトアップの中心らしい。
 塔の真下で左折東行へ。

▲陽水如帯と,豚と狼が混ざったような銅像の尻

水如帯」とある橋を南へ渡る。って,行ってみたらここ橋じゃないじゃん!
 旧渡し場らしい場所でした。順徳の渡し場に似てる。
 0909,仕方ないから西の橋を渡る。場所は塔の真南でした。
 0920,対岸の階段を上がって南行。南陽河小区とあるアパート街。

傘を綴じよ!一路目指す尖塔下

▲旅館街を過ぎる。

公亭西路を再び南へ渡る。時刻は0925,残り50分?おいおい。
 開いてた傘を閉じる。北営街を南行。中国人向けの旅館が並んでる界隈を過ぎる。
 0930。北営街とある石門で左折東行。

▲東の大通りに出た。車道なんだけど広いので半ば駐車場と化してる妙な道。

道を右折南行。0933。
 雲門山南路という広い道でした…というか広さの割に交通量は少なくて,広場みたいな通りです。元々は城東の濠…のような気がする。
 距離を稼ぐ。イスラムの尖塔見え,ぐんぐん近づいてきた。あれが真教寺か?
 ICBC.。バス停「東門」。
 0936,東関街。ここだろう。右折東行。

▲モスク前の市場

東関街の尽きる場所

▲はっきりと気配が近付く。

▲見えた!

941,東関街がT字になって終わった。
 昭徳街。とうとう着いた。