m19Jm第二十九波m寂然と座するも妈祖でありませうm1那覇天妃 (ニライF70)

本歌:しぶきたる葡萄を愛と呼びませう〔松山東〕

[前日日計]
支出1400/収入1370
    ▼14[211]
    /負債 30
[前日累計]
利益 -/負債 170
§
→一月五日(天)
1105あやぐ食堂
Aランチ750
1441大東そば
お得セット(大東寿司,三枚肉とソーキ入りそば)450(1200)
2000太陽餅残り250
[前日日計]
支出1400/収入1450
    ▼14[213]
負債 50/
[前日累計]
利益 -/負債 120
§
→一月六日(一)
▼▲
0859 Mr.KINJO LINK in Kume NAHAに荷物を置く。
これまた凄いとこを取ってしまった。福州園の西側。

▲天妃宮祭壇

▲妈祖アップ

0908那覇天尊宮・天妃宮
正面殿は右から天妃宮・天尊宮・関帝廟・龍王殿
天尊宮以外は正殿中央向きにに横になってる。これは台湾にはない形。単に狭いからだろうか。火気使用禁止と表示。ただどれにも供え物の気配はない。極めてシンプルな配置です。これも台湾と大きく異なる。
妈祖神像はちゃんと人の形。これは四神全てだけど博多人形のような造りです。でも随神二体もちゃんと配置。
中庭右手に一棟。これは社務所。左手に二棟。閉まってる。孔子廟はニュースのとおり福州園に移されてる。
金爐はない。でも本堂左手に石臼のようなのが焼香壇らしい。ただこれも
使われてる形跡はない。
右手の大きな岩に無名の祠。焼香台と人形が置かれる。人形は欠けているけど女性像に見える。

▲右手の琉球風祠

▲欠けた陶器の像。この像は,なぜか沖縄最初の頃に一度見た記憶がある。恐ろし気だけど雰囲気として大事に祀られてる感じです。

初詣で大盛況の波上宮の喧騒の隣で,今宮内には一人。ついでに立ち寄る中国人くらいしか入場はない。でもここが沖縄本島唯一の人型妈祖像です。

0939ガソリン満タンのためにおもろまちへ廻る途中,秀のパン屋に寄るけど明日からの営業でした。バイクをとにかく手放そう。
6273。何とこれでも73km走ってます。
1004牧志駅から旭橋駅へ3駅移動。宿から駅はやや遠い。ゆいレールのメイン駅には大きめのコインロッカーはある。明日は朝これに放り込もう。──ただ旭橋の方は改札の向こうにしかない。これは明日対処しよう。

レンタサイクルNPOしまづくりネットが閉業してる!?
安里にレンタサイクルを二軒見つけたから向かおうとゆいレールで待ってたら──島ちゃんも明日からか。ならばあやぐは?と電話してみたら開いてるらしい。えーい,もう自転車は後にして首里へ向かってみよう。お城のこともあるし…。
1042旭橋から再乗車
ちゅらサウンズの車内広告。「愛さハミガキ節」というこれまた訳の分からん歌が露出しとる。
県庁前,美栄橋,牧志。1047
安里,おもろまち。1052
古島。ホントにビルだらけになりました。
1055市立病院前。やはりここの東の末吉宮の丘は凄まじい。ただ聖域と、の境が明瞭らしく人家の領域の街はあまり興味を惹かない。
1057儀保。いや?この駅の東辺りは雰囲気があるか?
1059首里下車

▲あやぐAランチ左半分

▲同じく右半分

1105あやぐ食堂
Aランチ750
もうここのメニューの個別には触れない。でも今回,改めて感じいった点は──
天ぷらの「あちこーこー」なのが,旨い!ここのは天ぷらから食べるべき。他に見向きしてると冷めてしまって,この旨さは失われる。日本の天ぷらではなく,衣がほとんどパンケーキになってる。白身魚とソーセージが一番だったけど,つまりソーセージパンのようや旨さになってるんである。
「天ぷら定食」という何気ないメニューの量が凄いみたい。さらに「ミックス」というのもある。こちらを頼む客も結構な数です。そりゃそーだ,これで690円です。大食いプラス旨さならこれは最高だと思う。ただガツガツッと行かないとやはり冷めてしまいそう。
そばにコーレーグスをガツンと入れると,旨い!これも,ここのそばみたいにあっさり麺で,かつ今日のように運転しない日でないと駄目だけど…。
そしてやはりポークのカツ!なぜこういう荒々しい肉味のままカツに出来るのか分からないけれど。

1140この南のローソン隣の小さなマンションに「首里天后宮」を掲げる「萬華」という沖縄中華圏域交流サークル。今回,ネットで何回かヒットして勘違いしてた場所です。かなり熱心な妈祖愛好家でいらっしゃるらしい。ただ明らかに社ではないらしいことを確認して駅へ。

1204安里下車。安里十字路を渡る。意外に来ない場所です。でも…あ,前々回の安里八幡の場所か。
レンタサイクル…いやここはバイクが中心らしい。
諦めついでに南の店へも伺ってみる。ここもあまり来ない辺り。

1226飲み屋街らしい。いつもきになる山羊料理屋も「18禁」「カラオケ1曲○○円」と出ててどうも食堂じゃなく社交の店っぽい。
1230安里川を渡る。安里橋。パチンコ屋。周りはアパートばかり。ad壺屋二丁目9──この辺も壺屋なの?
▲1233

1234ローソンから登りに。
もう一軒パチンコ屋。ad二丁目26
三叉路。南に「国吉ってだれ?」の例の広告。右折。

▲「国吉ってだれ?」広告

▲「やーといえば」広告

「ヤーと言えば」の○○不動産?パクるにしても古くね?
1251琉Qサイクル
ダイヤルロック1212
24h1400円
その坂を下る途中で見なれぬ緑地帯と赤十字を目にし左折。ad寄宮一丁目12。1256
与儀公園?かねひで前。全く分からない。GM.マップで──ああ,この公園挟んで与儀十字路か。右折南行。1259
神原中学校の横断歩道渡る。
▼▲
1302壺屋交差点左折。ここはバイクで開南から出る辺り。いや…今日はもう一つ北へ行こう。
▼▲
▲創建中華会館記

関帝廟
一般社団法人中華会館
額「関帝廟」
門右手「延命地蔵尊 子安地蔵尊」
内側「龍門」
右手「創建中華会館記」
「光緒壬辰嘉平月」
左手に神戸関帝廟復興募金者御芳名が1996~2019に分け掲げてある。
本殿「慕先聖宏範」

▲本殿前。右側に「金亭」

右手に金亭もあり。左手に「狛犬様」
堂内に5柱
裏手は不整形地になってる。周囲は2m近い壁。中国様式

▲関帝(関羽)右手の観音祭壇

▲媽祖像

▲関帝左手天后(媽祖)祭壇

左側が天后。従神もちゃんといる。少し他にない風体。供え物は大きな花束2つ,あと鏡餅2山がある。

有料パンフレットによると1888(明治21)年に「大阪府布施村にあった長楽寺が廃寺になるのを,現在の神戸市中央区中山手通7丁目53-1に移し,関帝廟,十面観音,天后聖母をまつりました。これが関帝廟の始まりとされています。」とあるから,当初から天后はあったらしいけれど,現在のものは「1957年(昭和32年),信州の善光寺より当時13歳の天才彫刻家・加藤某を招いて半年をかけて作られました。」とあるから戦災で焼けたか亡失したのだろうか。また,「加藤某」という彫刻家も不明

【兵庫県】
・神戸関帝廟(神戸市中央区中山手通7丁目3-2):媽祖も祀る。
財団HP/関帝廟
http://www.zhonghua-huiguan.com/index.php?mode=kanteibyo
「向って中央には、両脇に養子の関平(右)、家来の周倉(左)を従えた主神・関帝を、右には聖観音像を、左には天后聖母を祭祀しています。また、入口を入った右側には福徳正神、左には玄天上帝(指南宮)をおまつりしています。」
【大阪府】
・道明寺天満宮(大阪府藤井寺市):媽祖像も祀る。通常非公開
【京都府】
・妙心寺霊雲院
・誠願寺 ※ともに通常非公開

宋希璟の「老松堂日本行録

杭田(くまた)神社
平野七名家のひとつ末吉家
末吉船→17Cルソン,シャム

台湾での妈祖信仰を体感した上ではっきりと言えることは,土地の庶民感情が妈祖に対してだけ「素っ気ない」ことです。
水戸光國が広めた東国の妈祖信仰(青森などそれでは説明のつかないものもあるけれど)とは別に,日本西半分の妈祖信仰は,極めて均一の印象でした。
 驚くことに,それは沖縄でも同じ。奥武島のがまさに典型的ですけれど「妈祖像」がそこにあるだけ。渡来した中国人のコミュニティが専ら崇拝しているだけで,日本の庶民には海人も含めて全く根付かなかった。──これはキリスト教が一時は独立国化するほどの信者を獲得したのと対照的です。妈祖行列がイベント化されてる長崎ですら,です。
 もう一つ典型的なのは,別に関西を回った際,文献にある大阪(藤井寺):道明寺の他,ネットでヒットした京都:妙心寺,神戸:関帝廟を回ってみたけれど,道明寺と妙心寺のは蔵に眠ってて,拝む対象として公開されてるのは神戸の関帝廟のみだったこと。これも関羽の陪神ですし,供え物からも熱烈な崇拝を受けているようには見えませんでした。
 ここから言えることはつまり──妈祖は海域アジアの唯一神ではない。
 伊勢や宇佐も日本の航海者の守護神と一義には言えないし,何より妈祖との習合信仰にはなっていない。宗像三女神でも同じで,仮に妈祖信仰と原型を同じくする同根だったとすれば,習合や乗り換えが起きているはずです。
 だから,海域アジアを形成する人々は,妈祖信仰の元にある人々だけではない。根本的に別の人々を内包しているとしか考えられない。
 では,このマージナルな人々は,何を共通属性とする人々なのでしょうか?
▼▲