外伝17-072 泉城に八角嗅ぐや水の国/起風橋街~曲水亭街

~~~~~(m–)m~~~~~(m–)m~~~~~(m–)m本編の行程:Googleマップ(経路)
※実際は,関帝廟北から東の路地に入ってうねうねしてます。~~~~~(m–)m~~~~~(m–)m~~~~~(m–)m


▲関帝廟のある芙蓉街

静な文化街だなあ。
 と思ったのは朝イチだったからで,昼に再び通りかかるとエラいことになってました。→2章先:074 県西街~省府再び
 ちょっとした朝飯も期待して,少し南をうろついてみたけど,まだろくに店が開いてない。

経験のない気配:起鳳街


▲藤棚?の道。起風橋街。

蓉街を北行し直すと,東の小路が見つかった。
 入る。起鳳橋街と表示がある。
 すぐ北への道・馬市巷が開ける。けれど曲がらずそのまま東行。


▲井戸と初遭遇

だ?この雰囲気は?
 経験のない気配が漂い初めました。
 整然とした佇まいなのに潤いがある。真っ直ぐな道なのにブレが心地好い。


▲起鳳橋

鳳橋に出る。南北の水路にかかる2mほどの石橋。南に丸い門。
 朝っぱらのこの時間には無人でした。でもここは次のプログ曰く「济南で一番有名な老街」なんだそうです。日本語のはほぼ皆無ですけど…。
 確かに,佇まいは凄い生気です。


▲水路沿いの道

鳳街」という大層な名前は,前回の鞭指巷に引き続き,ギョロ様とリウヨン大臣の珍道中に由来するらしい。この人たち,色々やらかしてくれてて面白い。→超訳:起鳳街由緒


▲さらに続く水路沿いの道

うです?いーでしょう?
 もっと見たい方は,次の中国語サイトにプロの方の写真が満載ですのでどーぞ!

※ 雪花新聞/濟南最有名的一條老街,一座橋詮釋它的名望(写真は多いが中国語)

济南市名泉保護条例と王府池子街


▲ランタンの道を行く。

はくねる。
 …というかこれ,ホントに道?家の隙間かも,と思う場所もあります。

▲騰蛟泉と王府池子街

へ王府池子街という道が出た。そのT字南東角「騰蛟泉」というやはり碑文のある泉がある。
 济南には72名泉というものがあると2014年に研究会で発表されたとある※。北側には「济南市名泉保護条例」が何と全文が掲示してあった。
※ 济南市图书馆/济南名泉—【泉水分布】 (中国語)

中国非物質文化遺産博覧会と后宰門街

▲観光エリアにて

西更道街に出る。0946。北へ。一応,文化街には行っておこう。
 0948,劉氏泉。やや名の知れた井戸らしい。
 このそばに水路を落とした地図がありました。劉氏泉の脇を通るこの水路,さっきの場所からも続いてる。それどころか曲水亭河という名で,南は王府池子まで,北は大明湖までを繋いでる。
 この曲水亭河沿いを歩くのも面白そうだけど,ここは王府の内堀の方形の北西角外側に当たる。老街はこの南西,今通った辺りとこの北東に広がってて,水路沿いだと町並みとしてはややハズれになる。
 全体として,小路は主に東西方向に伸び,南北方向には綴れ織りになってるようです。だから,東西に動いて行った方が良さそうに見える。
 ただ,この場所には観光街があるから──0954,さらに北行。道は曲水亭街と変わった。水路はここでは3mほどに広がってる。


▲小兴隆街。曲水亭街からの入口辺り。

光街は,やはりインパクトに欠ける。
 0959,東の小兴隆街に入ってみる。L字に折れて南へ出るだけだったので引き返さざるを得ませんでしたけど…いい道でした。


▲小兴隆街。かなり奥の方。


▲小兴隆街のL字に入った行き止まりポイント。

び北へ。1007,東に后宰門街が伸びる場所に出た。
 北に基督教礼拝堂,讃美歌が聞こえる。第5届中国非物質文化遺産博覧会というのを17日まで開催してた模様。
 もう北に車道が見えてる。それには出ずに,ここは東行でしょう。

■超訳:起鳳橋由緒

 乾隆帝(以下「ギョロ様」)と大臣劉墉(以下「リウヨン大臣」)が文廟に参拝した帰りのこと,ギョロ様があんまり町並みを感慨深けに見てるもんだから,突然言い出したそうな。「この橋は『青雲橋』にしちゃおう!ほら橋の上に『騰蛟起鳳』(火竜が飛び立ち鳳凰が舞い立つ)って書いてあるよ!だから,この橋渡ると科挙(公務員試験)で首席になったりするんじゃない?」と 絶対ギョロ様の血迷ったセリフだったと思うけど,可哀想だから リウヨン大臣が言ったことになっとります。
 そんな 馬鹿な こと言うもんだから,突然雨が降りだして皆さん急いで雨宿り。
 雨が上がると性懲りもなくギョロ様,詩を詠んでしまう。「青雲橋のたもとから天然痘が沸き起こったよ」あまりと言えばあまりな詩の内容に,リウヨン大臣の家族が慌ててその替え歌を作って取り繕ったそうな。「起鳳橋の下からは英雄が輩出されるぞよ」
 そして一行が北京に帰ってほとぼりが覚めたころ,青雲橋はこっそり起鳳橋に名前を変え,雲路街は起鳳橋街に改めて,何とかギョロ様の御乱行を取り繕ったそうな。迷惑迷惑めでたしめでたし。
 ──という感じで,ギョロ様ご訪問のドタバタ劇の中で付けられた名前らしいです。
※ 每日頭條/濟南老城內的一座3米長的石橋,竟這麼有故事!▏解密(中国語)
「當年乾隆皇帝和大臣劉墉一起來到濟南。劉墉當年是來過濟南的,那時候他還到文廟拜了孔子。因此,這次與皇帝又一次來到文廟附近感慨頗多。
當劉墉走到現在的起鳳橋時,突然對皇帝說:「皇上請看,此橋叫『青雲橋』,意為平步青雲,橋那邊的牌坊坊額上寫著『騰蛟起鳳』,臣就是從這橋走過,中了舉人,又考中進士,殿試中了狀元的」。劉墉剛說完,天就忽然下起了雨,於是他們趕緊找地方避雨。
雨後,劉墉詩興大發,隨口吟到:「雲路街上多風沙,青雲橋下起疙瘩。熱血曾想憂國民,化作冷雨澆笨瓜。」看見劉卿家如此,素來喜歡寫詩的皇帝也吟了一首:「雲路街上練真情,起鳳橋下鑄英雄。天生我材必有用,別忘祖宗和百姓。」
而且,他回到京城後依然惦記著這座小橋,還下旨將青雲橋改為起鳳橋,雲路街改為起鳳橋街。」

[前日日計]
支出1500/収入1720
負債 220/
[前日累計]
     /負債1339
§
→九月二十日(四)
[71西門~省府][72起風橋街~曲水亭街]
[73后宰門街~県西街手前]]
1033超意趣快餐
卵スープ,インゲン豆炒,白米飯8.5元370
[74県西街~省府再び][75省府~将軍廟街][76启明街~西城根街]
1408老济南薬膳把子肉
煮豚
血液ゼリー煮物
白米飯11.5元550
[77周公祠街~楽安街]
1450無糖月餅300
[78济南駅~j4w7]
1654金徳利民快餐
インゲン豆八角煮
黒々煮豚
キクラゲとキュウリとメンマみたいなのの卵とじ
白米飯22.5元550
[69J4w10からの帰還]
1902潼关肉夹馍
ビャンビャン面300
[前日日計]
支出1500/収入2070
負債 570/
[前日累計]
     /負債 769
§
→九月二十一日(五)