外伝17-032 丸すぎる水平線も超えて解夏/青島初泊

▲山東省境内主要山脉(山東省内の主要な山)。今回の烟台→青島ルートは,この図の一番東の昆嵛山と大泽山の間を越えたことになります。いかにもいわくありそうな名前がついてますけど,やはりいわくがあります。→巻末:小レポ

物が徐々に増えている。1650。
 建設中のビル群も現れてきます。まだゴツゴツした峰は見えているけれど,段々頻度が落ちてきた。
 やがて,そこまでの光景からは想像しにくい数のマンション群が出現しました。
 1654,収費站を潜る。青島市域にはっきり入ってきた。雨は当面止んでいる。
 空港は流亭机場というらしい。西への道路にはいくつも済南との表示が見える。一つ西の大都市,という認知らしい。
 緑の強い庭園のような町が続く。青島と掲げた輪っかだらけの建物,あれが空港なんだろうな。バンはその一階へ。
 でも空席ないけど?──と要らん心配してたら…あ,半分以上がここで降りるんだな?なるほど,山東人には最寄りの空港がここなのか?
 してみると?烟台→青島の都市間を純粋に往来する人はその程度の人数しかいないのか?烟台地域は青島とより济南と繋がってる。換言すれば,山東省内の人の流れは济南から放射線状に出来てて横の連携は遅れ気味ということか。

とにかく青島のどこかに着いたらしい


▲agodaの予約者画面


▲百度地図で宿を検索すると,Googleマップと少し違う場所が出る。百度地図が間違いでした。

きな池を右手に見て進む。南西方向。白い鳥。カササギか。」
と当時メモしてますけど,「池」と見たのは湾曲する白沙河を見間違えたらしい。マップが手元にない状況で頭がぐちゃぐちゃになって,なかなか分からんこと書いてます。
 空港通過後に辿った概ねのルートは,こんな感じだったみたい。※行程:GM.
 青島は山東半島南の付け根の湾に広がる町。湾は胶州湾という。この夕方は,湾を時計盤に見立てれば1時から5時まで南南西に進んだ形。中心市街は湾の口の東側,冒頭の「山東省境内主要山脉」で言えば「崂山」の西麓です。
 いかにも手狭そうな地勢です。空港や新幹線駅は北側郊外に設けられた格好。青島汽車北站を左手東方に見て通過し,
1709線路を越えてます。
「線路を越えた?」
と当時衝撃を受けてますけど,南北方向の線路を一旦西にまたいだんでしょう。

陽方向と表示。ロータリー。行く手に太原路と表示。町はやや共産的な作業場が増える。南に水のない川をみて走る。
 1715海が見えた。大きな橋が西方彼方に。美しいフォルム。途中でS字にくねってるらしい。橋の南側が青島駅の辺りのはずです。」
 いや違うって!胶州湾大橋は湾を東西にまたいでる。この時いたのはその東端でした。
「いや?もう橋の着地点?分岐だったのか?
 青島北站と標識。青州行きの発車駅を確認できてないが…北站でもそう遠くはないようです。
 いや?また西の車窓が海になった?橋は遠ざかってかなり遠いところに着地してる。
 1727青島港との表示。どうなってる?」
 どうもこうも,とにかく湾の大きさを小さく見積り過ぎてたわけで,この「北」站ですっかり湾の最北部にいる気になってしまって──そりゃ混乱するだろ。
「青島科海学校
 右手に駅。」──四方火车站という,今は使われてない駅だったらしい。鉄っちゃんには垂涎の場所だったのかも?
「J1視認。温州路とあるので別のか?
 温州路をUターン?いい通りだけどどこだここ?
 さっきのJ1の裏側に着いた。
 1737到。でもどこ?」
 ここでした。この状態で市街から北東8kmの郊外に降ろされちまってたわけです。→GM.

~~~~~(m–)m青島編~~~~~(m–)m

は杭州路。片側2車線。道沿いに線路が走ってます。
 それだけ分かれば地図で分かりそうなのに,どうもピンとこない。
 百度百科を引いてみる。「青岛四方长途汽车站」というのがヒットしたから「地理位置」の項を読む。
「青岛四方长途汽车站位于青岛市市北区温州路2号,杭州路立交桥北面。在四方火车站(已经停用)的马路斜对面500米,到青岛火车站7.5公里。」
 ふむふむ!それで?それで…どーするよ?
 刻々と暮色は濃ゆく秋の夕暮れ。

青島市街までの8キロ

租(タクシー)だな,こりゃ。
 と諦めてしまう目的で,一応バス停を探す。降りるバス停も分からんけど…。
 青島には2泊。明後日の朝の青州移動としよう。今夜は無理に切符を取らなくていい。そう,今日は宿に着けばそれでいいのじゃ。
 十字路の対面にバス停を見つける。路線一覧に目を通すと…火車站(列車駅)行きのが何本かある。そこまで5~7駅ほど。その程度の距離じゃ,一駅間違えてもそうは歩かないだろ。自信持てなきゃ火車站まで行けば,やはり歩ける近さになる…はず!
 1754。何路か確認もせず,とにかく青島火車站行きと書かれたバスに乗る。
 ロータリーを越えた。
 内蒙古路を南西へ。あ,地下鉄作ってるんだな。早く完成させてね。
 華陽路。──とか書いてるけどもちろん地図が検索できないから訳分かりません。
 右折。遼寧路。85℃(香港系カフェ)。ICBC。
 坂道。承徳路。
 左手に小高い丘。洋館らしきものが見える。鮫州路に入った。
 あ,中山路,これは記憶にある通りじゃ。でも…まだじや。勘だけど。
 そこからはうねうねと曲がって…もう方向が分からなくなったとこで,闇の中をふいに「河南路」というプレートが流れた。
 明らかに雰囲気が変わってる。古い居住区の匂い。宿に選んだのも勘だから,そういう場所かどうかも知らんけど──もう視野もない。匂いしか頼りはない。両方の勘を信じてこの匂いの一番濃い場所で降りよう。
 大沽路で下車。
 走り去ったバスの後ろに洋館が現れる。目を疑う。赤と緑の見慣れたロゴ。
 奇跡じゃ!目的地のj1(錦江之星酒店)の対面に着いてました。

▲奇跡的なバス停

▲宿に入るまでに撮った坂の写真。一撃でイカれた街でした。

迷いなく連泊を決めた五叉路

injiang Inn Qingdao Henan Road Railway Station
锦江之星青岛河南路火车站酒店       27, Henan Road, Shinan, Qingdao, China 266005
河南路27号, 市南, 青岛, 中国 266005   ご予約内容: 1部屋, 1泊 チェックイン日: 2018年9月16日 (14:00以降) チェックアウト日: 2018年9月17日 (12:00まで) ご予約ID: 299598241
 1755にカウンターでチェックインする段階で,ほぼ迷いなく連泊を決めてました。
 ネオンがある訳でもなく,やはり匂いとしか言い様がない。四方からの下り坂がそこに集まってきてるような窪地に交差点がある。その北東角。
「まさにドイツの小都市のような町なんである。都市計画者の嗜好というのはこうも景観を決定付けるものなのか。
 J1西対面には如家もある。どうやらホテルの密集地らしい。よくこんなとこを予約できたもんである。」
と視界もないのに断じて書いちゃってます。

▲国内旅行者用の安宿も並んでる。青遊記というネーミングもいい。

▲今見ても,ニューヨークやベルリンの下町を思い出すカッコ良さが…感じられます?

速,歩きに出たんですけど,まず十字路で立ち尽くしました。
 やっぱりこの地点,重力が凄すぎる。
 十字路から東への道が保定路。他よりやや急な坂道になってて,おそらく中山路へ続く。
 南北に伸びる河南路を火車站行きバスが走ってる。2路。──とメモってますけど,この街は歩きが面白すぎて結局バスに乗ったのは一度きりでした。
 交差点南西角には可好(コンビニ)。
 西の道はバス停名の大沽路。こちらも緩い坂道になってる。──十字路と言ってるけれど正確には五叉路になってて,大沽路はここに東南から入って西に抜ける形を取る。東への道は保定路。つまりこの道が最も新しい道で,おそらく中山路との連絡路。※参考→GM.
 とりあえず西への大沽路を選びました。
 いい!何か凄いぞ!
 その西はロータリー。発想は中国語的なのに,どこか韓国やタイのそれのような人間臭さがある。
 さらにその先には超市がたくさんあるけど──とりあえず飯だな。選択肢は南側の重慶か蘭州だけど…どっちかねえ?

青島でパオモー

▲ロータリー

州拉麺をがっつり,という気分で入ったんですけど──壁の菜単(メニュー)を覗いて簡単に転んでしまいました。
 え?あるの?
 昨年夏※のゲンを担ぐことにした。もろ回族という顔つきの亭主の面構えも…らしいじゃないか。これは,ひょっとして?
※ 中原編/西安/羊肉包馍特別編

▲何と羊肉泡馍!

845中国蘭州拉麺
羊肉泡馍18元600
 ひょっとして,の期待は裏切られました。
 焼餅を入れた汁物という感じ?馍の食感はないし,羊臭くもない。西安の泡馍とは全然別物でした。
 けどこれはこれで?いや,というか,かなり良いぞ!


▲どアップ

(汁)の濃さは,脂はないけどかなりのものです。出汁系の湯だけど,中華とは微妙に一線を画する。焼餅は確かに馍とは全く違うけれど,むんと強い。それが汁で膨れて汁に溶けている。
 羊肉スジェビ!──という感じの碗です。
 潮州で食べたのがこういう味だった記憶がある。回族の料理にも何種類かがあるんでしょうか,それとも中華ナイズされたものなんでしょうか。
 それにしても──スジェビという音で思い出す。ソウルでスジェビ食べたの,昨日だったんだよな。突っ走ったもんです。

▲傾斜に沿った家並み

朝が待ち遠しい坂道じゃ!


▲既に魅力的な道が…。寧陽路と表示。

の蘭州拉麺の道が肥城路。たまらず南行しちゃいました。
 くう~っ!たまらない坂道です。
 石積みを路面が斜めに切る。たまりません。
 脇道の寧陽路。この佇まいもたまらん!──思わず入って行こうとする気持ちを慌てて抑える。今夜は下見,というかイメージ作りです。
 けど…これは朝が待ち遠しいぞ!
 断言します。長崎(→やまと編:茂木街道\長崎県)で坂道マニア化しつつある私ですけど,世の坂道ファンの皆様!青島,お薦めです。
 この肥城路が,またたまらない屈折を見せながら河南路に交わってます。この河南路がまた何段にも織り成す坂道で…こりゃもうたまらない!
※ 初日のブロック歩き:行程→GM.

▲夜道を散歩する老夫婦

▲夜道のフルーツ屋台

宿のお部屋は14階でした!
 窓から直下を見やると,北西方向にえらくネオンが見えます。そこまでの間は暗くて見えません…でしたけど実は凄い一帯でした。→翌朝昼(拡大)
 けど今日はここまで。流石に体力が尽きた。
 スマホが動かなくても,勘でここまでやれたんじゃ,こりゃテッテ的に歩くしかない。明日に備えて眠ろう!

▲宿の窓から北西方向。ネオンはこの方向が賑やかです。

聯通SIMの華麗なる復活

ベッドに身を投げてると,もう一転回。
 SIMフリーに出来た!
 諦め悪く聯通SIMに入れ替えて,Wifiをオンにしてみてたら…何だ?このTENDAという謎のパス無しwifiは?
 ダメ元じゃ!と繋げてみて,SIMのステータスを更新してみる。──え?ええ~っ!「許可されました」が出た!
 目が覚めた。
 まずはJ1wifiに聯通の電話番号で登録してみる。SNSが届いた!ここのWifiは中国SIMのSNSでパスが受け取れないと登録できないから諦めてたんけど…よし「接続されました」が出た!──よく分からなんけどTENDA様々です!ありがとうTENDA!!!!!
 同じ要領で微信も登録を復活させる。スマホ更新時に念のため引き上げておいたチャージを,ICBCから100元だけ戻し入れると…おおっ入った!これで聯通-微信-ICBCの金盾対応の基本三者と接続が確認できたわけです。
 最後に,明日の街歩きの決め手となる百度地図──登録はOK。今,離線地図(スタンドアローンで見れる地図)の青島分をインストール完了!調子に乗って次の青州まで手を出す。青州の名前じゃヒットしなかったから「潍坊市」で…よっしゃ,インストールできました!

▲もちろんこれも旨かった!久しぶりの老青島酸酸奶

やはや,今回も,というより今回こそ心底絶体絶命な気分になった金盾初日でした。前回のネット環境まで,ようやく復帰できたことになります。
 門出を祝おうじゃないか!
2000パリスバケット
シルキークリーム250
 船中で食おうとソウル駅で買ってたスイーツが,まだ手元に残ってました。
 名前通り。まさに絹のような生地です。クリームは韓国的に甘ったるいけれど,韓国水準からするとやや少量に抑えられてます。それにレーズンが効いてる。
 いや,逸品です。
 これで資本主義圏の食べ物は尽きた。明日から百度地図で歩ける。ホントに寝るぞ,心置きなく!

■小レポ:山東半島の山々

1 昆嵛山
・ 秦漢皇帝が長生不老の薬を求めて来た地
・ 1167年(金大定七年)に道教全真教派が創設
・ 中国革命の拠点の一つ
※ 百度百科/昆嵛山
「据史料记载:秦皇汉武多次来昆嵛山寻长生不老之药;金大定七年,咸阳道士王重阳自终南山来昆嵛山讲道阐玄,收全真七子,创立了举世闻名的道教全真教派;昆嵛山是老革命根据地,是著名作家冯德英的三花——《苦菜花》、《迎春花》、《山菊花》故事发生地、电影外景拍摄地。」

2 大泽山
※ 維基百科/大泽山
・ 文化財多数あり。中でも东岳石遗址は独特で,東夷族の文化と一応見なされているけれど,異民族系とされる山東龙山文化と漢族文化とされる商文化の間隙を埋める文化と目されている。
「大泽山有天柱山摩崖刻石、岳石文化遗址、大泽山石刻及智藏寺墓塔林三处全国
重点文物保护单位。其中岳石文化遗址是胶东岳石文化的典型代表,天柱山石刻是北魏著名书法家郑道昭所写。」
※ 維基百科/东岳石遗址
「东岳石遗址是中国考古学上岳石文化的命名地,出土文物丰富,风格独特,遗址影响大,保存完好。岳石文化是族创造的文化,东岳石遗址的发现,填补了山东龙山文化和商文化之间的空隙,为研究东夷土著文化与夏商文化的关系提供了重要的实物资料。」

3 崂山
・ 春秋時代からの道教の名山。
・ 後に全真派が入り,九宫八観七十二庵と言われる繁栄を迎える。
※ 百度百科/崂山
「崂山是道教名山。自春秋战国至秦汉时期,就有方士、巫师在崂山餐霞修炼,唐、宋两代崂山道教肇兴,元、明两代达到鼎盛,至清代不衰。崂山道教由于王重阳所创全真派的入统,开创了全新的局面。全真道北七真涉足崂山,邱处机三次来崂山说法阐教,影响深远。嗣后,北七真在崂山各创宗派,争建道观,至明代达到鼎盛时期,遂有“九宫八观七十二庵”之繁荣,使崂山成为道教全真天下第二丛林。」

4 胶州湾
・湾の西北側に行政区名を残す。この一帯が元々の文化的中心だった模様
「胶州市,隶属山东省青岛市,地处山东半岛西南部,胶州湾西北岸。」
「胶州市境内有新石器时代集大汶口文化、龙山文化于一体的三里河文化遗址。
西周到春秋时期,市境内有莒、介国。春秋末期,计、介并入齐国。」
※ 百度百科/胶州

■ 目次・リンク集 ■

0914博多→ソウル(泊):1初泊


0915仁川→(泊):1 市場まで ⇒ 2 南大門 ⇒ 3 新村・仁寺洞 ⇒ 4 Happy Hanjoong Ferry


0916→烟台→青島(泊):1 烟台 2 青島初泊


0917青島(泊):1 青島駅 2 海水浴場 3 金口路 4 龍華路 5 平原路 6 黄島路 7 観海山 8 中山路 9 河北路


0918青島→青州(泊):1 青島駅へラストウォーク 2 青島駅~青州古城(7特別編) 3 夥巷街 4 東門大街 ⇒ 5 清真寺の雨 6 偶园街~帰路


0919青州→済南(泊):1 南陽河渡る 2 昭徳街目指す 3 昭徳街~青州離脱 4 济南入り東関大街行き 5 泉城まで南西行 6 世茂国際広場の造形 ⇒7 素食,济南駅帰宿


(間奏)金盾胡同


0920済南(泊):1 西門~省府 2 起風橋街~曲水亭街 3 后宰門街~県西街手前 4 県西街~省府再び 5 省府~将軍廟街 6 启明街~西城根街 7 周公祠街~楽安街 8 济南駅~j4w7 9 J4w10からの帰還


0921済南→天津(泊):1 天津ハルビン路まで ⇒ 2 ハルビン路熱干面 3 天津鼓楼 4 解放北路まで 5 解放北路から帰着


0922天津(泊):1 八里台回顧行 2 天津駅,鞍山路 3 鞍山路からハルビン路まで 4 四平東道を南行 ⇒ 5 万全路黄昏行


0923天津→北京(泊):1 天津発北京東四行 ⇒ 2 胡同1/10=瑠璃厂街へ南行 3 胡同1/10=瑠璃厂街前迷走 4 胡同1/10=瑠璃厂街を南へ 5 胡同2/10=八大胡同清真寺 6 胡同2/10=八大胡同実験小学 7 胡同3/10=西交民巷 8 胡同4/10=東交民巷と教会 9 胡同からの帰還


0924北京(泊):1 胡同5/10=烟袋斜街火神廟 2 胡同6/10=帽儿胡同 3 胡同7&8/10=南锣鼓巷&菊儿胡同() 4 胡同9/10=国子监街 ⇒ 5 胡同10/10=金魚胡同&王府井 6 胡同真=東四四条,柳芳行


0925北京→関西:帰国行